イタリアン
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

ニュース過去記事検索
Baltic State : パレックスバンクに業務規制(ラトビア)
投稿者: 編集部 投稿日時: 2008-12-3 2:02:00 (1174 ヒット)

LETAによると、金融資本市場委員会(FCMC)が国営化されたパレックスバンク(Parex banka)の日常業務に対し、いくつかの規制を敷いたという。

今後、パレックスバンクは企業に対しては原則引き出しを禁止し、例外として従業員10人以上の企業では月に最大3万5000ラッツ(約581万円)もしくは従業員11人以上250人以下の企業へは最大35万ラッツ(約5810万円)以下の引き出しに留めるといった規制が通達された。

個人向けに関しては月に最大3万5000ラッツ(約581万円)となった。

今回の規制導入は、同行から資金流出が止まっておらず、経営を安定化させることを目的とされている。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。