カドリナの大地-続き
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

ニュース過去記事検索
Baltic State : 大統領発言でアイスクリーム戦争勃発か?!(エストニア)
投稿者: 編集部 投稿日時: 2009-6-8 2:03:00 (1174 ヒット)

地元紙Õhtulehtによると、エストニアの地元アイスクリームメーカーPremiaとBalbiinoがToomas Hendrik Ilves大統領に自社アイスクリームのサンプルいくつかを贈呈したという。

同2社は、同大統領がアイスクリームはエストニアのものよりもラトビアのものの方が美味しいと語ったということで、地元製のものをもっと知ってほしいということからこういった行動に出たと説明している。

Ilves大統領は、Võruを訪れていた際、ラトビアとの国境を行き来する大衆を前に『ラトビアのアイスはエストニアのアイスよりもいい』と語っている。

この報道を聞きつけたBalbiinoとPremiaの2社は、大統領官邸に早速いくつかのサンプルを贈ったといい、Premia Tallinna Külmhoone ASのKuldar Leis代表は大統領にも美味しいアイスクリームをがエストニアでも生産されていると認めてほしいとして、贈ったことを説明した。

エストニアでのエストニア産アイスクリームの市場シェアは70%で、ラトビア産が0%である一方で、ラトビアではエストニア産のアイスクリームの市場シェアは20%に達している。

アイスクリーム業界では、エストニア企業がエストニアで雇用機会の創出や納税をしているにも拘らず、隣の国の商品を奨励することに反発する意見も出ているという。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。