氷上の旅〜バルト海〜
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

ニュース過去記事検索
Baltic State : 海外公館もリストラ!(ラトビア)
投稿者: 編集部 投稿日時: 2009-6-12 2:04:00 (882 ヒット)

LETAによると、ラトビア外務省は現在可能な限りの海外でのラトビアの外交業務に従事しているが、今後は公館のスタッフを削減し、一部では大使一人の駐在となる大使館もでてくると示唆しているという。

同省では、大使館の閉鎖はラトビアにとっては何の経費節約にはならず、規模縮小が現状では最善だと考えている。

海外公館で勤務するスタッフは、人員の削減と合わせて給与もカットされることになる。

同省ではすでに120人を解雇しており、給与の削減は3割を超えると見られている。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。