街角1
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

ニュース過去記事検索
Baltic State : パラサイトシングル増殖中!(リトアニア)
投稿者: 編集部 投稿日時: 2009-12-14 2:02:00 (1249 ヒット)

Alfa.ltによると、リトアニアでは28歳もしくは29歳になって漸く親離れするといった調査結果がEurostatが公表している。

20代後半になって実家を離れる彼等はEUの中では最も遅い親離れの1国だという。

EUではほぼ22歳から31.5歳までに独立するといい、最も親離れが早い国は、フィンランド、フランス、オランダの23歳から24歳で、一方で最も実家離れが遅いのはイタリア、ブルガリア、スロベニア、スロバキアの31歳となっている。

最新の調査の結果、教育水準によって就職機会もかなりの違いがあることが分かっており、09年第2四半期にEUでは25歳から34歳までの中学といった義務教育以下の教育しか受けていない者の失業率は実に19.2%にまで達している一方で、高等教育を受けた者は9.1%、更にその上の就学者では失業率は5.9%と低いことが分かっている。

リトアニアにこれを当てはめると、それぞれ22.4%、17.3%、5.7%となっており、やはり大学以上に進学している者の失業率は群を抜いて低いことが見て取れる。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。