Tartu
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

ニュース過去記事検索
Baltic State : 年金受給年齢を2026年に65歳まで引き上げ(エストニア)
投稿者: 編集部 投稿日時: 2009-12-18 2:04:00 (3118 ヒット)

エストニア政府は国会に年金受給年齢を2026年に65歳にまで引き上げる法案を承認するように要請している。

年金受給年齢の引き上げは、受給年金が今よりも減額されないようにするためには受給年齢を引き上げざる得ないといった背景があり、少子化による就労者不足による積立不足の拡大が大きな懸念材料となっている。

社会省による試算によると、50年後には就労者数は今よりも28万4000人も少なくなり、年金を支える若者が激減することが明らかになっている。

現在の年金システムのまま65歳で年金受給年齢とした場合、4人で1人の年金受給者を支えることが出来ているが、2030年にはそれが3人に1人となり、50年後となると1.8人に1人が年金を支える計算になる。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。