旧市街
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

トップ > 「著作権」、「リンク」、「個人情報保護」について > 記事使用ご希望の皆様へ
 
記事使用ご希望の皆様へ

CPGBaltics OU社は、当社の発行・発信する記事や写真などの情報について、著作権を有しています。当社の発行・発信する記事や写真などの情報をご利用される場合には、媒体審査などCPG Baltics OU社の承認と
(1) 使用記事の明示
(2) 使用目的
(3) 使用期間
(4)"CPGBaltics OU社提供"などクレジットの明示
(5) 「記事使用料」(前払い)
など各種条件が必要です。
下記のご注意をご覧のうえ「記事使用申請書」を明記・捺印のうえ、郵送でお申し込みください。 なおホームページの場合、「個人」、「非営利」のページであっても対象となります。

当社の見解は日本新聞協会の見解(「ネットワーク上の著作権に関する協会見解・1997年11月」)と同様ですので、これをご参照ください。

注1) CPGBaltics OU社の発信する記事や写真は、すべて当社が著作権を有しています。ただし、死亡記事や交通事故、人事異動など著作権法でいう「事実の伝達にすぎない雑報および時事の報道」記事に該当し、著作権性が認められないものを除きます。
2) 新聞社や通信社の記事や写真を無断でホームページなどに使用(転載など)した場合は著作権侵害となります。1998年にはインターネット時代に対応するため著作権法が改正され、不特定多数の人を対象とする「双方向の送信(インタラクティブ送信)」は「自動公衆送信」と定義され、著作権者の権利が「公衆送信権」として明確にされました。
3)たとえそのホームページが「個人」、「非営利」のものであっても、広く世間に発信し、世界各地からアクセスできる以上、対象外とすることはできません。
4) またLANやイントラネットなど企業や学校内だけのネットワーク内使用にも著作権者の承諾が必要です。
5) 要約であっても、著作権法の「翻訳」にあたりますので、ご注意ください。
6) 転載や利用、要約に加え、リンク(接続)の場合も対象となります。
7) 記事1本当たりの基本料金については管理部までお問い合わせ下さい。
8) 「記事使用申請書」は別紙の通りです。

所在地: Tartu MNT 16-32, 10117 Tallinn ESTONIA
電話番号: +372-687-0502
E-Mail: info@cpgbaltics.com


Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。