クリスマス in 旧市街
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

iPhone上陸!

カテゴリー: - 編集部

エストニアにも漸くiPhoneがやってきた! :-D

一部では、アメリカまで行って買ってきたという輩がいた程、エストニアでの販売を待ちわびていたiPhoneファンもいた。

今回、エストニアでiPhoneを売り出したのはエストニア最大の携帯電話会社EMTだ!

販売初日では、EMT本店の前には長蛇の列が出来ていた。もちろん、日本ほどのながーい長蛇の列は人口から行ってあり得ないが、それでも300人を超える人たちがiPhone入手に列を成していた。

販売記念パーティでは、600から700人のiPhoneマニアが詰め掛け、パーティは大盛り上がりだったらしい。

そんな大人気のiPhoneだが、地元の新聞アリパエブでは、何とiPhoneの入手に2万4000クローン強(約26万円弱)も必要だと報じていた! :-o

そのEMTでは、今回iPhoneの為だけのパッケージとして2つの利用パッケージを用意している。

1つ目がi550というもので、月の利用料金が550クローン(約5900円)というもの。もう一つがi890というパッケージで、こちらは月890クローン(約9500円)の料金を支払うものである。

それぞれ2年間の解約不可条項というのがあり、実質、このパターンでは、i550だと1万5870クローン(8GBタイプ)から1万7160クローン(16GBタイプ)を必要とする。i890では実に2万4140クローンとほぼ25万8000円もしてしまう!

つまり、一番安いパターンでも約17万円、そして最高で約26万円という値段だ。

そのパッケージ内容は、i550では月に100分の無料通話やSMS100tk、モバイル・インターネット100MBなどが使え、同様にi890では250分の無料通話とSMS100tk、モバイル・インターネット250MBなどとなっている。

正直、そこまでしてiPhoneを入手して何か意味があるのかとも思うが、何処の国にも新し物好きはいるので、その内街中でかっこよくiPhoneを使いこなしている人に出くわすかもしれない! :hammer:


8 queries. 0.048 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。