ハプサル駅行内
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

過去最高のコカインを押収!〜リトアニア〜

カテゴリー: - 編集部

リトアニア警察が大量のコカインを押収した!

世界中に蔓延る麻薬の罠。今回、リトアニアで押収されたのは実に8700万ユーロ(約109億6200万円)相当と言う途轍もない量だった。

リトアニア警察はクライペダ港に運ばれたエクアドルからの荷から500キロもの何も混ざりっけのない純粋なコカインを押収した。

この間、リトアニア警察が漁船の船底に隠されたコカインを押収したのだが、末端価格は3億リタス、8700万ユーロにも及ぶ計算だ!

今回の検挙は長期間かけてエクアドルやラトビアの役人などの関与を捜査した結果の賜物だという。

リトアニアで過去最高のコカイン押収量は40キロに過ぎず、この500キロという量は12.5倍もの膨大の量になる。

また、最終目的地もリトアニアではなく、巨大麻薬組織が背景にあることは間違いないという。このところ、バルト3国では麻薬問題や巨額マネロン事件が明らかになり始めており、これまで秘密裏に行われてきた組織犯罪が次々に検挙されている。

マネロン目的の投資詐欺や不動産取引など警察、検察、そして公安が怪しい外国人やおかしなお金の動きに留意している。

あらゆる犯罪がバルト3国を中継地として行われる現状から、各国の警察も本腰を入れて対策に取組むときにあるようだ!

 


8 queries. 0.063 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。