海外美術館(カドリオルク宮殿)
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

人口41万人越え〜エストニア〜

カテゴリー: - 編集部

久々の41万人の大台を超えた。

これはエストニアの首都タリンの人口なんだが、今年、6月1日の時点でのタリンの人口が41万50人となり、年初から3347人も増えている。

09年のタリンの人口と比べると、2700人増加したことになる。

タリン市が人口40万人を超えたのは2004年のことであるが、多くの人が職を求めて首都に流入するようになり、総人口136万人強の国の実に3分の1強が首都に住んでいる計算になる。

とは言え、首都であっても1年で人口はたったの2700人しか増えていない。

この詳細を説明すると、去年は5537人の新生児の誕生がった一方で4432人が亡くなった。差し引き1105人の増加でしかなかった。

そして今年は年初からの5ヶ月間に2238人が新たに誕生し、2000人が他界した。ここでの差し引きは238人の増加に過ぎない。

この2つを足しても1343人にしかならず、2700人との差である1357人が市外からの流入人口となる。


8 queries. 0.048 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。