Pikk Jarg通り
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

25クローンが消える???〜エストニア〜

カテゴリー: - 編集部

25クローンがATMから消えてしまうらしい。あと、1カ月もすると、エストニアでは通貨はユーロに替わってしまう。これを受けて、迅速に国内に流通する紙幣や硬貨の回収を行ったり、止めたりしなければならない。

そして、全国のATMもユーロ仕様しなければならず、既存のATMでは両方は扱えず、特に25クローンサイズはどのユーロ紙幣にも合わず、トレイの総とっかえをしなくてはならず、結果、取り外されるらしい。

銀行協会試算では、国内で流通するユーロの80%はATMを介したものになるといい、その為の準備として今からATMの調整を始めているという。

計画では、12月6日以降、国内のATMからは多くで25クローンの引き出しは出来なくなるといい、もし25クローンをゲットできたら、あなたはかなりラッキーかもしれない?!

また、ほぼすべてのATMは、12月31日にはユーロ仕様となり、それ以降は、エストニア・クローンは取り扱いされなくなる。


8 queries. 0.058 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。