レイキャビク
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

最も人気のある牛さんの名前は?!〜エストニア〜

カテゴリー: - 編集部

エストニア動物記録センターが新た何48ページにも及ぶ牛の名前調査の結果を発表している。

調査では、計7161頭もの牛が対象となり、最も人気のあった名前は「Mustik」、日本語では「黒い牛」であった。ほぼ全頭の半分が黒い牛と言うほどの人気ぶり。

その他では、エストニアで女性の名前として人気の高い「Ursula」「Piret」「Kadr」なども上位人気となっている。

笑いを誘うような名前としては、205頭に名付けられていた「Keku」、意味は空白の他、日本語的なものとして「Kiku」というのもあった。

実はこういった動物の名前調査は他にもあり、馬の名前調査もあるという。

因みにエストニアの農家では19世紀あたりでは名字を持つことを拒んだこともあるが、帝政ロシア時代から自分の好きな名前を付けることが許され、当時は花や動物などをヒントにLuik(白鳥)、Naarits(イタチ)、Tamm(オーク)、Talvoja(winterbrook)などの名前が人気であった。

ただし、一部では当時の教会や社会組織により命名された者もおり、酷いものではPatune(罪人)やKoll(モンスター)いった名前を強要されたものもいるという。


8 queries. 0.055 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。