山奥の民家
メールマガジン
07年1月1日からブルガリア、ルーマニアがEU加盟を果たすことが決まり、巨大化する欧州・中東欧に続き、巨大市場として台頭しつつあるロシア、GDP成長率が10%を上回るバルト3国、国営企業の民営化を急ぐCIS諸国といった地域の経済状況などの情報を配信しています。

メールアドレス:

→詳しくはこちら


i-modeにて最新経済ニュースをいつでもご覧いただけます。

広告掲載について

来年には多くの劇場が閉鎖に追い込まれるかも?!〜エストニア〜

カテゴリー: - 編集部

不景気から経営難に苦しむエストニアの劇場が来年(2010年)にはかなりの数が閉鎖されるかもしれない。

エストニア政府は、財政難から資金補助を来年15%更に減らす意向で、もし補助が削減されれば、中小規模の劇場は存続できなくなり、閉鎖に追い込まれかねず、大劇場でも規模縮小と劇団員のリストラに着手せざる得なくなるとか思われている。

エストニア劇場組合とエストニア劇団員組合は文化省へ手紙を出しているといい、もし総額で30%もの補助削減がなされれば、劇場はすべて閉鎖せざる得なくなると、補助額の見直しを求めている。

今年、既に文化省では補助金を15%カットすることを両組合に通達していて、同時にチケット販売にもこれまで5%であった付加価値税(VAT)が20%に引き上げられていることからも税収は増えている訳で、更なる15%の引き上げはエストニア文化を無視したような対応となっている。

今年度15%、来年度も15%と計30%もの補助がカットされればエストニア文化の死活問題になりかねないと劇場関係者は嘆いている。


8 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Copyright (c) 2004 CPGBalticsOU All rights reserved.
本ホームページの全部または一部を 無断で複写複製(コピー)することは、 著作権法上での例外を除き、禁じられています。